野菜不足の人は必見!青汁に含まれる豊富な栄養素とその効果

 

毎日の食事に野菜が大切とはわかっていても、やはり野菜不足になってしまう食生活をおくっている人は少なくないと思います。

 

特に外食が続いてしまったり、野菜の値段が高騰したりすると、野菜を摂りたくても摂れないという状態になりがちですよね。

 

そんな人にとって青汁はにとても強い味方となります。ここではその豊富な栄養素について見てみましょう。

 

食物繊維

 

2015年版の日本人の食事摂取基準によると、1日に必要な食物繊維の摂取量は18歳以上の男性で約20g以上、女性で約18g以上と言われています。

 

ところが実際には、その摂取量はほぼ全年代において数g程度足りておらず、目標に達していないことが報告されています。

 

野菜不足が招く食物繊維不足で最も馴染みのある症状は便秘がありますが、青汁にはこの食物繊維がたっぷりと含まれているため、野菜不足による便秘の解消に効果が期待できます。

 

なお、食物繊維の含有量は製品によって異なるため、事前に成分表を見て選ぶようにしましょう。

 

ビタミン類

 

野菜に含まれる重要な栄養素に、ビタミン類やミネラル類があります。

 

これらは五大栄養素に含まれるもので、微量ながら健康維持に欠かせない成分と言われています。

 

例えば肌荒れの悩みや美白に効果的なビタミンC、強い抗酸化力からアンチエイジングや新陳代謝の手助けとなるビタミンE、体内の水分量を調節してむくみを改善するカリウムなどを豊富に含んでいます。

 

その他にも極めて微量でありながら、なくてはならない数多くの微量元素も摂取することができます。

 

これらは天然原料から絞り出しているからこそ含まれるものも多く、マルチビタミンなどのサプリメントではカバーしきれないものが少なくありません。

 

まとめ

 

毎日350gもの野菜を確実に食べることは非常に難しいとは言え、野菜不足が招く栄養不足は様々な健康不調の原因となります。

 

自分で野菜不足が自覚される人も、そうでない人にとっても、青汁を飲むことは日々の健康と食生活にとって大きなサポートになると言えます。

 

青汁は商品ごとに力を入れている栄養素に違いがあるため、自身の食生活を見直し、足りない栄養素をより多く含む商品を選択することで、より青汁の効果を高めることができますよ。