青汁を飲むとトイレに行く回数が増えむくみを改善できる

 

青汁を飲むと、便秘解消だけでなく利尿作用があります。

 

自然にトイレに行く回数が増えるので、体の水分を効率的に排出できて、むくみを改善することができます。

 

飲んでから数時間で、ある程度のむくみ解消が期待できます。

 

むくみが気になるときには青汁が良い

 

青汁を飲んで1時間ほどすると、トイレに行きたくなります。

 

個人差はありますが、いつもよりトイレに行く間隔が短くなり、回数が増えて尿の量も増えます。

 

トイレに行くたびに、むくみをチェックすると実感できます。

 

むくみ解消のために青汁を飲むときには、寝る前ではなく、午前中がおすすめです。

 

寝る前に飲んでしまうと、寝ている途中にトイレに行きたくなったり、なかなか寝付けなくなってしまいます。

 

睡眠は体の疲れを取り健康維持に大切なので、夜は熟睡したいものです。

 

青汁がむくみにおすすめできる理由

 

青汁には、たくさんのカリウムが入っています。

 

カリウムには塩分を排出する働きがあります。

 

カリウムの摂取には、野菜を食べることでもできますが、青汁は野菜を細かくしているので、体内で消化吸収されやすく、効果が早く出て来ます。

 

腸の中では、食物繊維の働きで老廃物や毒素を排出を促します。

 

カリウムも同じく、老廃物や毒素を体内の水分とともに排出するので、むくみ解消だけでなく体の調子を整えることができます。

 

むくみは疲れに感じる

 

体のむくみは、水分と老廃物と毒素です。

 

青汁を飲むと、すべてを排出しやすくなるので、疲れも解消できます。

 

効果は長持ちしません。

 

そのため、継続して飲むことが大切です。

 

青汁は、食事だけでは摂れない栄養素を一緒に摂れます。

 

血行が改善され、むくみにくくなり疲れを感じにくい体に変えることができます。

 

まとめ

 

青汁を飲むことで、体の中の老廃物や毒素を効率よく排出できます。

 

1日1杯飲むだけで、体にためずに排出しやすくなります

 

朝起きて、体がむくんでいるときには、体が重く感じます。

 

調子が悪いときは、青汁がおすすめです。午後にはむくみが取れて、体も心もすっきりとします。

 

夕方からのむくみもなく、疲れにくい体になります。