昔と今、青汁を飲んでいる人の年齢層は若くなる傾向にある?!

 

青汁を飲んでいる人といえば、特に普段から野菜不足を感じている人が多いですよね。

 

特に、青汁のCMを見ているとある程度高い年齢層の人が多いように感じられます。

 

しかし、本当に青汁を利用している人は高年齢層ばかりなのでしょうか?

 

今回は、今青汁を利用している人の年齢層についてご紹介します。

 

青汁は若い年齢層の人は飲んでいないの?

 

青汁というと、どちらかというと高齢の人が野菜不足や体調管理・健康を心配して利用しているというイメージがありますよね。

 

その為、健康意識のない若い人はあまり利用していないという印象があります。

 

しかし、実際には今若い人でも野菜不足を気にしている人が多く、手軽に野菜を取りたいと思っている人が増えているのです。

 

そこで、実は今若い年齢層でも青汁を利用している・利用したいと思っている人が増えているのです。

 

もちろん青汁は子どもでもおすすめの飲み物

 

青汁は、普段不足しがちな野菜に含まれる栄養が簡単に摂れる飲み物ですよね。

 

特に、子どもというのは野菜嫌いの子が少なくありません。

 

しかし、青汁というとどちらかというとサプリメントと同じようなイメージがあり、子供に飲ませるのはちょっとと思っている人もすくなくありません。

 

それに、青汁は「苦い」「まずい」という事で、野菜以上に子供には苦手に思われています。

 

ただ、最近の青汁は子供や若い人でも飲みやすいように抹茶風味や苦みを抑えたものが多く出ています。

 

その為、実は青汁は野菜不足が心配される10代・20代の年齢層にこそ飲んでほしいものなのです。

 

青汁は今若い人にも注目されいてるんです

 

実は今、青汁は20代の若い年齢層を中心に注目されている飲み物なのです。

 

その理由は、普段の野菜不足の解消という理由もがありますが、それだけではありません。

 

特に女性は美容やダイエットにも効果があるという事で、利用している人が増えているのです。

 

さらに、若い人でも毎日利用しやすいように、青汁自体も昔と比べると飲みやすい味のタイプのものが増えているのです。

 

まとめ

 

青汁というと高年齢層の人たちが飲むというイメージがあります。

 

しかし、今では若い人でも野菜不足を気にして飲んでいる人が多いのです。

 

青汁は、簡単に野菜に含まれる栄養分が取れるもの。

 

その為、高年齢層だけではなく全ての人におすすめの飲み物といえるのです。