購入に迷ったら 自分に合った青汁の商品の正しい選び方とは?

 

今、健康志向の人が増えていることから、青汁を利用する人が増えています。

 

そして、それに合わせて様々なメーカーから青汁が販売されています。

 

しかし、初めて青汁を購入したいと思ってドラッグストアなどに行ってもどの商品を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、青汁を購入する際の商品の選び方についてご紹介します。

 

青汁は高ければいいというわけではない

 

青汁を購入するためにお店の商品を見てみると、実にたくさんの種類がありどれを選んだらいいのか困ってしまいますよね。

 

そんな時、やはり「高いものは効果も高い」とついつい思ってしまいがちです。

 

しかし、値段が高ければいい・安ければ効果はないと一概には言えないのが青汁です。

 

では、どのようなところをポイントに選べばいいのかというと、それにはいくつかあります。

 

まず大切なのは、栄養価をきちんと確認すること。

 

青汁には三大原料といわれる「大麦若葉」「ケール」「明日葉」というものがあります。

 

少なくともこれらが含まれているものがおすすめです。

 

他にも、長く続けるために飲みやすいものや、目的に合った栄養が含まれているものなどをしっかりと選ぶようにしましょ。

 

安心して続けられる青汁を選ぼう

 

青汁の中には、安くておいしい・そして栄養もしっかりと含まれているものもたくさんあります。

 

もちろんコスパの良い青汁もたくさん販売されているので、自分に合っていると感じればそちらを購入してもいいでしょう。

 

ただ、安い青汁の中には落とし穴があるものもあります。

 

それは、「安心して利用できるものか」という事です。

 

どうしても安価な商品の中には、残念ながら値段を安くするために安全性があまり配慮されていないものあります。

 

安心して続けられる青汁の商品を選ぶなら、国産の材料を使ったものや、国内生産のもの、そして産地などがはっきり分かったものなどを選ぶようにするといいですよ。

 

まとめ

 

青汁には、今いろいろな種類が販売されています。

 

その中で自分に合った商品を選ぶためには、含まれている成分や効果などをしっかりと見極めることが大切になってきます。

 

青汁を購入するときには、事前に青汁に求める効果や目的、そして安全な商品かどうかなどを調べてから購入するようにしましょう。

 

野菜不足の人は必見!青汁に含まれる豊富な栄養素とその効果

 

毎日の食事に野菜が大切とはわかっていても、やはり野菜不足になってしまう食生活をおくっている人は少なくないと思います。

 

特に外食が続いてしまったり、野菜の値段が高騰したりすると、野菜を摂りたくても摂れないという状態になりがちですよね。

 

そんな人にとって青汁はにとても強い味方となります。ここではその豊富な栄養素について見てみましょう。

 

食物繊維

 

2015年版の日本人の食事摂取基準によると、1日に必要な食物繊維の摂取量は18歳以上の男性で約20g以上、女性で約18g以上と言われています。

 

ところが実際には、その摂取量はほぼ全年代において数g程度足りておらず、目標に達していないことが報告されています。

 

野菜不足が招く食物繊維不足で最も馴染みのある症状は便秘がありますが、青汁にはこの食物繊維がたっぷりと含まれているため、野菜不足による便秘の解消に効果が期待できます。

 

なお、食物繊維の含有量は製品によって異なるため、事前に成分表を見て選ぶようにしましょう。

 

ビタミン類

 

野菜に含まれる重要な栄養素に、ビタミン類やミネラル類があります。

 

これらは五大栄養素に含まれるもので、微量ながら健康維持に欠かせない成分と言われています。

 

例えば肌荒れの悩みや美白に効果的なビタミンC、強い抗酸化力からアンチエイジングや新陳代謝の手助けとなるビタミンE、体内の水分量を調節してむくみを改善するカリウムなどを豊富に含んでいます。

 

その他にも極めて微量でありながら、なくてはならない数多くの微量元素も摂取することができます。

 

これらは天然原料から絞り出しているからこそ含まれるものも多く、マルチビタミンなどのサプリメントではカバーしきれないものが少なくありません。

 

まとめ

 

毎日350gもの野菜を確実に食べることは非常に難しいとは言え、野菜不足が招く栄養不足は様々な健康不調の原因となります。

 

自分で野菜不足が自覚される人も、そうでない人にとっても、青汁を飲むことは日々の健康と食生活にとって大きなサポートになると言えます。

 

青汁は商品ごとに力を入れている栄養素に違いがあるため、自身の食生活を見直し、足りない栄養素をより多く含む商品を選択することで、より青汁の効果を高めることができますよ。

 

 

妊娠中に青汁を飲む場合にはどのような注意点があるのか

 

体に良いと言われ大人気の青汁ですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

胎児に必要な栄養素が摂れる

 

妊娠中に青汁を飲んでも問題はありません。

 

青汁で胎児の発育に必要なビタミンやミネラル、食物繊維、カルシウム、鉄分など、様々な栄養素を摂る事が出来ます

 

このため、妊娠中にお勧めが出来る食品です。

 

また妊娠中はつわりで食べ物の好みが変化して、固形のものを食べるのが辛い場合があります。

 

青汁なら手軽に摂取出来るので、妊婦さんにとってはとても便利な飲み物です。

 

葉酸は胎児の正常な発育をもたらす事で有名な栄養素であるが、青汁のほとんどに含まれています。

 

商品によって含有量がかなり違い、全く含まれていものもあれば通常の2倍以上も含まれているものまであります。

 

購入する時には成分をチェックして、妊婦が1日摂取する葉酸量の480μgを目安にして選んでいきます。

 

カフェインが入っていないものを選ぶ

 

青汁は飲みやすいように、抹茶や緑茶等が配合されているものがあります。

 

このような商品にはカフェインが含まれていて、妊娠中にカフェインを摂りすぎると胎児の発育障害に繋がりやすいです。

 

カフェイン入りの青汁は、避けるようにします。

 

糖質や添加物にも注意

 

また果糖やブドウ糖が使われている青汁もあり、糖質の多い食品を多く摂取すると妊娠糖尿病のリスクが上がります。

 

出来るだけ糖質が含まれていない、青汁を選ぶようにします。

 

妊娠中は添加物が使用されていないものを飲むのが安全であるので、これも購入をする時に確認をするのが大切です。

 

注意するのは合成保存料と甘味料と農薬が使われていない青汁を選ぶためには、原材料が無農薬栽培されたものか、残留農薬検査をきちんと行っているメーカーであるか確認が必要です。

 

もしもパッケージに記載されていない場合は、メーカーに直接問い合わせるのが良いです。

 

海外で使用されているものは国内では使用出来ない農薬等を使って作られている場合があります。

 

しかも国産の原料で作られている青汁よりも安く販売されている事が多いので、どこで作られているかチェックを行います。

 

昔と今、青汁を飲んでいる人の年齢層は若くなる傾向にある?!

 

青汁を飲んでいる人といえば、特に普段から野菜不足を感じている人が多いですよね。

 

特に、青汁のCMを見ているとある程度高い年齢層の人が多いように感じられます。

 

しかし、本当に青汁を利用している人は高年齢層ばかりなのでしょうか?

 

今回は、今青汁を利用している人の年齢層についてご紹介します。

 

青汁は若い年齢層の人は飲んでいないの?

 

青汁というと、どちらかというと高齢の人が野菜不足や体調管理・健康を心配して利用しているというイメージがありますよね。

 

その為、健康意識のない若い人はあまり利用していないという印象があります。

 

しかし、実際には今若い人でも野菜不足を気にしている人が多く、手軽に野菜を取りたいと思っている人が増えているのです。

 

そこで、実は今若い年齢層でも青汁を利用している・利用したいと思っている人が増えているのです。

 

もちろん青汁は子どもでもおすすめの飲み物

 

青汁は、普段不足しがちな野菜に含まれる栄養が簡単に摂れる飲み物ですよね。

 

特に、子どもというのは野菜嫌いの子が少なくありません。

 

しかし、青汁というとどちらかというとサプリメントと同じようなイメージがあり、子供に飲ませるのはちょっとと思っている人もすくなくありません。

 

それに、青汁は「苦い」「まずい」という事で、野菜以上に子供には苦手に思われています。

 

ただ、最近の青汁は子供や若い人でも飲みやすいように抹茶風味や苦みを抑えたものが多く出ています。

 

その為、実は青汁は野菜不足が心配される10代・20代の年齢層にこそ飲んでほしいものなのです。

 

青汁は今若い人にも注目されいてるんです

 

実は今、青汁は20代の若い年齢層を中心に注目されている飲み物なのです。

 

その理由は、普段の野菜不足の解消という理由もがありますが、それだけではありません。

 

特に女性は美容やダイエットにも効果があるという事で、利用している人が増えているのです。

 

さらに、若い人でも毎日利用しやすいように、青汁自体も昔と比べると飲みやすい味のタイプのものが増えているのです。

 

まとめ

 

青汁というと高年齢層の人たちが飲むというイメージがあります。

 

しかし、今では若い人でも野菜不足を気にして飲んでいる人が多いのです。

 

青汁は、簡単に野菜に含まれる栄養分が取れるもの。

 

その為、高年齢層だけではなく全ての人におすすめの飲み物といえるのです。

 

 

青汁置き換えダイエットのやり方や行う上で大切なこと

 

青汁を使った置き換えダイエットのメリット

 

青汁にはビタミン、ミネラル、食物繊維などさまざまな栄養素を含んでいます。

 

これらの栄養素はダイエットに必要な栄養素なので1食を青汁に置き換えるダイエット方法を行うことで、カロリー摂取量を大幅にカットでき、ダイエットに必要な栄養素もしっかり摂ることができます。

 

青汁に含まれている食物繊維は体内に入ることで腸内を膨らまし、空腹感を減らし、満腹感を出してくれるので食事と置き換えても、程よくお腹を満たしてくれるので置き換えダイエットにおススメできるのです。

 

青汁置き換えダイエットにはどんな青汁を使うと良いのか?おススメの組み合わせとは?

 

青汁置き換えダイエットは普段の食事の一部を青汁に置き換えて、青汁に含まれている栄養素で身体の調子を整えて、健康的にダイエットすることを目的としている方法です。

 

青汁置き換えダイエットに使う青汁は自分の好みのものを使って構いません。

 

クセや苦味がなく飲みやすさを重視するなら明日葉や大麦若葉を主原料とした青汁をおススメします。

 

青汁置き換えダイエットと相性の良い組み合わせは、豆乳や牛乳、はちみつです。

 

豆乳や牛乳で青汁の味をまろやかにし、より満腹感を感じさせることができます。

 

それにはちみつを加えるこで腸内環境を整えて美肌効果にもつながるので美しくダイエットをしたい人にはおススメの組み合わせです。

 

青汁と豆乳や牛乳と組み合わせることで栄養価を高めます。

 

青汁置き換えダイエットの方法

 

朝昼晩の3食のうちどこか1食を青汁に置き換えるというシンプルな方法です。

 

また、ご飯などの炭水化物の代わりとして青汁に置き換えるのも有効です。

 

毎日決めたタイミングの食事を青汁に置き換えることが、効果を引き出すために大切なポイントとなります。

 

自分の好きなタイミングで置き換えて構いませんが、より早く効果を引き出したい場合は夕食を青汁に置き換えるのがおススメです。

 

夜は代謝が悪く、食べた物が脂肪に変わりやすいので夕食を青汁に置き換えるとよりダイエット効率がアップします。

 

青汁置き換えダイエットだけに頼らず、それ以外の食事で野菜や果物などバランスの良い食事を心がけること、いきなり置き換えを始めないで最初は炭水化物を青汁に置き換えることからスタートして徐々に慣らしていくことで青汁置き換えダイエットを健康的に行うことができます。

 

青汁置き換えダイエットで重要なのは継続することです。

 

1回置き換えたからといって痩せるのではなく、続けていくことで徐々にダイエット効果を引き出してくれるので青汁置き換えダイエットを積み重ねることで痩せやすい体質へと導きます。